空室対策で安定収入~不動産経営テクニック術~

不動産

初心者の不動産経営

アパート

一括借り上げ管理業者の選定は不動産経営の重要なポイントであり、不動産管理会社の中には、地域の不動産業者のまとめ役を担う業者もあり、信用と実績のある一流の管理会社を先ず見つけ出し、その業者が請け負える立地や物件であるかを先ず確認してから建設する事が望ましい。

View Detail

使わなくなった家を貸す

集合住宅

住宅を貸すさいには居住者の権利が強くリスクがともなうものでしたが、定期借地権の登場により期間を定めた契約が可能になっています。このため転勤などの理由で一定期間、住宅を空けてしまう場合にはリロケーションと呼ばれる方法で住宅を収益化することが活発に行なわれるようになっています。

View Detail

豊かな老後を迎えましょう

家

不動産経営を始める方が急増している背景には、社会保障費の増大があります。今後個人負担が増えることが予想されており、老後資金を自分で作ることが重要となっているのです。不動産経営を始める前にはセミナーに参加し、知識を身に付けることが重要です。

View Detail

セキュリティーの問題

不動産

立地が良い場所

立地が良い場所に建っている物件で賃貸経営をしているのにも関わらず空室の問題に悩んでしまう方もいます。立地が良い場合は空室対策をしなくてもいずれは部屋が埋まってくるのであまり気にする必要が無い部分もありますが、実際に空室が目立つ状況になってしまうと焦りを覚えてしまう方も多くいますし、すぐに空室対策をしなくてはと考えてしまう方もいるでしょう。立地が良い場所にある物件で空室対策をする際は、セキュリティーの事を考えてみるようにしましょう。なぜ自分の物件を選んでもらう事ができないのか悩んでいる方のほとんどはセキュリティーの問題に気が付いていない事が多いです。周りの物件はセキュリティーがしっかりしているのに、自分の物件はそうではない場合が多いです。

周りよりも良い環境

セキュリティーで空室対策をする際は玄関に防犯カメラをつけるなどの方法から行っていくようにしましょう。最低限のセキュリティーがあれば安心して生活をして行く事ができるので契約をしてもらう事ができる場合が多いです。すでに生活をしている方がいる場合は、その方々の同意を求めなくてはなりませんが、セキュリティーの向上と言う理由であればほとんどの方が納得をしてくれるので、すぐにセキュリティーを良くして空室対策をする事ができます。徐々にセキュリティーを強化して行くとその都度、契約をして住んでいる方に同意を求めなくてはならないので、お金に余裕がある方は一度に行った方が良いです。周りの物件よりも良い環境にする事ができれば空室は自然に埋まっていきます。