空室対策で安定収入~不動産経営テクニック術~

集合住宅

使わなくなった家を貸す

集合住宅

貸す理由と注意点

家は多くの人にとっては一生に一度の買い物ですが、一方でその維持費も大きなものになります。日頃からそこに居住しているのであれば、その維持費を捻出することに負担を感じることは少ないものですが、そうではなく空き家となってしまった場合には大きな負担になります。特に複数の住宅を保有することは税金面での負担も大きいものになります。このような状態になるケースとしては仕事の都合で転勤することになった場合などがあり、この場合にはせっかく購入した住宅を長期間にわたって空き家にしてしまうことになります。そこで利用されるのがリロケーションになります。リロケーションは2000年に改正された借地借家法によって施行された定期借家権によって可能になったもので一定期間経過後に契約を終了することが可能になり一定期間の住宅の貸付が可能になり実現したものです。つまり、それまで家を貸し付けるさいには居住者の権利が強かったために安易に収益化できなかったものが、契約期間を定めることで短期間の収益化を可能にしたことになります。

定期借家権のメリットは

リロケーションの目的は仕事などで転勤することになり不要となった家を誰かに貸して収益化することができます。リロケーションを行うメリットとしては、住宅を手放さずに済み住宅を維持するための費用を軽減することができるというものです。これは将来、その土地に戻ってきたいといった場合には非常に有益な方法になります。特に定期借家権の登場により、それまで入居者の権利が強く場合によっては明け渡してくれなかった状態から、期間を定めた契約が可能になり法的根拠によって引き渡しを行えることが可能になったため比較的、容易に家を貸すことが可能になり、特に住宅需要の大きい都市部を中心にリロケーションは活発に行なわれるようになっています。