空室対策で安定収入~不動産経営テクニック術~

集合住宅

初心者の不動産経営

アパート

不動産管理のプロに任せる

遊休地はあるが、不動産経営の経験の無い人達にとって、不動産経営のプロによる一括借り上げ方式を選択することは賢明な選択だと思う。一括借り上げ方式と言っても大きく分けて、建築が主体の建築業者が行っているものと、本来の不動産管理が本職の不動産管理会社が行っているものと二種類ある。建築業者が薦める一括借り上げは、建物を建設する事が主体であり、土地所有者が建設に踏み切りやすいようにサポートする目的で提案される事が多い。同じ建設業者でも、専門の不動産管理会社を子会社等で保有し、その不動産管理会社に一括借り上げを委託する場合もある。何れの場合にせよ、実質に不動産管理における実績経験があり、しかも、それにより収益を上げている業者を選定することが大切である。

人口減少動向に要注意

一括借り上げと言っても、その地域に不動産の需要がないと不動産経営は成り立たない。最初、一括借り上げ契約をしていても、競争相手の存在や需要の変動で賃料を下げないと入居者を集められない場合も生じる。地方においては、人口減少の傾向が出てきているし、比較的人口が集中している都会においても、賃貸を必要としている人達は、ファミリーからワンルーム形式のものを必要としている一人世帯の需要が主力になってきている。この様に人口減少でも世帯そのものは増えている地域もあり、個々の生活スタイルに見合った地域インフラ、生活環境が存在する地域が今後も賃貸需要がある地域と言える。これ等の状況は、不動産管理を長年行い、実績のある業者の貴重な情報が集まっており、この様な業者に任せるのが得策である。